お酢を飲む時の注意点&体は柔らかくならない

お酢を飲む時の注意点

お酢を飲む時の注意点は2つあります。

(1)薄めて飲む

お酢を飲む時に注意しなくてはいけないことは、お酢を4〜5倍に薄めることです。

決して、原液では飲まないようにしましょう。

(2)摂り過ぎない

お酢を摂りすぎると内臓を痛める原因になります。

基本的には1日で「大さじ1」を目安にします。

大さじ1は、だいたい15ccです。この15ccのお酢を4〜5倍に薄めて飲むようにします。

ただし、人によっては「大さじ2」を摂っても平気な人もいます。

「大さじ2」の量のお酢を摂って体調がよければ、それはそれでよいので、数日、体調を見ながら自分に合った適量をみつけてみて下さい。

疑問!お酢を飲むと体が柔らかくなるの?

昔からよく「お酢を飲むと体が柔らかくなる」と耳にしますが、お酢を飲んで体は柔らかくはなりません。

おそらく、サーカスの人は毎日お酢を飲んでいるので、このようなことが昔から言われているのでしょう。

しかし、サーカスの人は体を柔らかくするためにお酢を飲んでいるのではなく、健康のために飲んでいるのです。

体が硬いというのは筋肉が硬いということです。

体が柔らかいのは、普段から頻繁に運動しているからであって、お酢を飲んだからといって体が柔らかくなるということはありません。