×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

黒酢を入れた足湯は保温効果バツグン

黒酢を入れた足湯は保温効果バツグン

黒酢を入れたお湯で足湯をすると、普通のお湯よりも保温効果が持続します。

というのも、黒酢には温泉成分と同じミネラルが含まれているので、温かさが長続きするのです。

黒酢の産地である鹿児島県霧島市でも黒酢の足湯処があります。

黒酢をビニール袋に入れ、お湯で薄めたら、そのビニール袋に足を入れて温泉で足湯をするのです。

この足湯処は健康になると地元の人たちに大人気です。

古くからお酢の産地として知られている中国四川省の「閬中(ろうちゅう)」という街では、黒酢の足湯が代々受け継がれているそうです。

この街のおばちゃんたちは、顔を洗うのにも、頭を洗うのにもお酢で洗うそうです。

また、女優のとよた真帆さんも冷え性対策として黒酢足湯にハマっているそうですよ。

黒酢足湯のやり方

まず、お湯を2リットル用意します。

そのお湯の中に黒酢を200cc入れます。

お酢じゃなくて、黒酢の方が効果的です。

なぜなら、黒酢はミネラルが豊富で、2年間くらい樽で熟成されているのでアミノ酸やミネラルが豊富です。

そして、ミネラルが豊富な分、温泉と同じ成分により保温効果があるのです。

冷え性で悩んでいる人は、黒酢を入れた足湯を一度試してみることをオススメします。