×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

長谷川理恵が教える!お酢を使ったピクルスとドレッシングの作り方

長谷川理恵さんは野菜を酢に漬け込んだピクルスで疲労回復

野菜ソムリエの資格を持ち、食生活には人一倍気を遣っているという長谷川理恵さんもお酢の愛用者です。

冷蔵庫には自家製の野菜を酢に漬け込んだピクルスが入っているほどです。

長谷川理恵さんは、このピクルスをほぼ毎日食べるそうですが、特に体が疲れている時は欠かさず食べるようにしているそうです。

野菜を酢に漬け込んだピクルスを食べる目的は疲労回復。

長谷川理恵さんがお酢をよく使うようになったのはフルマラソンに挑戦したことがきっかけ。

運動して疲れた時に、体が自然とお酢を欲したそうです。

長谷川理恵さんがモデル、タレント、マラソンランナーなど様々なことにチャレンジできるのもお酢のおかげだと言っています。

お酢は私の健康と元気と美容には欠かせない存在です。何事にも挑戦するという源にもなっています。」と語る長谷川理恵さん。

長谷川理恵が教える!特製ピクルスの作り方

(1)水(カップ1)とハチミツ(大さじ6)を鍋に入れる。ハチミツを使うのは、お酢を糖分と一緒に摂って、疲労回復の効果を高めるため。

(2)さらに、塩(大さじ1)と旨味の出る昆布(10センチ角1個)と赤とうがらし(1本)を加える。

(3)最後に米酢(カップ1 1/2)を加え、火にかけてよく混ぜ合わせたらピクルス液が完成。

冷蔵庫の入れて3〜4日で味が馴染み、1ヶ月は食べられます。

たくさんの生野菜を摂ろうとすると大変ですが、ピクルスにすれば好きな時に口にできるので、結果的にたくさんの野菜を一度に摂ることができます。

お酢を使ったドレッシング

ドレッシングを作る時に使うのはバルサミコ酢。

バルサミコ酢はブドウが原料で甘みとコクがあるのが特徴です。

長谷川理恵さんは隠し味にマスタードと醤油を加え、風味豊かに仕上げるそうです。

サラダだけでなく、白身魚にも合うドレッシングです。