×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

お酢を使った料理のサンプル

お酢を使った料理のサンプル

日本の食文化を代表する元気の源「お酢」を使った料理のサンプルをご紹介します。

ゴーヤー&お酢の特製ジュース

ゴーヤーといえば長寿沖縄の健康食品で、ビタミンCや食物繊維などが豊富な栄養の宝庫と言われている。

そのゴーヤーに疲労解消効果があるという穀物酢を入れた特製ジュース。

作り方は以下の通り。

(1)ゴーヤー(にがうり)1本を用意し、へたを取り、わたと種を取り出す。

(2)ゴーヤーをおおまかに切って、水(カップ3)と一緒にミキサーにかける。

(3)そこに大さじ3杯の穀物酢を入れる。お酢を加えることで、ゴーヤーの苦みを和らげ、驚くほどまろやかな仕上がりになる。

(4)さらに、シークゥーサー(2個)で香りと酸味を加える。

(5)そして、最後に砂糖小さじ1(ハチミツやリンゴでもよい)を加えて、ミキサーで軽くかき混ぜて、出来上がり。

疲れている時や夏バテを感じる時に飲むと元気になる。

普段から飲む癖を付けておけば、疲労予防にもなる。

納豆に入れる

納豆にお酢を入れると、泡がふわふわになる。

魚に振りかけて焼く

魚全体にお酢を振りかけてから、焼き網に魚を乗せると、網に魚がくっつかない。

きれいな焼き魚ができる。焼いてしまうので、酸っぱさもそれほど残らない。

肉をお酢で煮る

手羽先のような骨付き肉を煮込む時にお酢を入れると柔らかくなる。

これには、食材の持っているカルシウムがお酢によって外に出てくるという効果もある。

なので、食材と共に汁まで食べた方がカルシウムをたくさん摂れる。

つまり、お酢で煮ることによってカルシウムが摂りやすくなる。

麺にお酢を入れる

中国の四川の麺屋ではテーブルの上に必ず黒酢があり、辛いものを食べる時に好みでお酢をかけます。

辛さを和らげる効果があるようです。

リンゴ酢ミルクでカルシウムを吸収

牛乳にお酢を入れると、牛乳のタンパク質がドロドロになり、体内に吸収しずらいと言われているカルシウムを吸収しやすい形で飲めるようになります。

その結果、骨粗しょう症の予防にもなります。

材料は以下の通り。

・牛乳:120ml
・リンゴ酢:大さじ1
・はちみつ:大さじ1