×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

女優・とよた真帆は黒酢を入れた足湯で冷え性対策

女優・とよた真帆は黒酢を入れた足湯で冷え性対策

女優のとよた真帆さんは冷え性に悩まされ、いつも湯たんぽを仕事の現場に持ち歩いていたそうです。

そんなとよた真帆さんですが、今では黒酢を入れたお湯に足を入れる足湯をロケ先などでよくやっているそうです。

きっかけは賞味期限切れの黒酢を試しにお風呂に入れてみたこと。

黒酢を入れたお湯で足湯をすると、血流が良くなり体を芯から温めるため、20〜30分過ぎた頃からポカポカしてきて、ジワ〜と汗が出てくるそうです。

とよた真帆は「冷え性がまず改善されて、ずーと温かみの保温効果(持続効果)があるんですね。そこが普通のさら湯と大きく違うところですね。」と語ります。

黒酢足湯で冷えを改善し、不規則で過酷なロケも乗り切ることができるようになったとよた真帆さん。

今では「お酢」が人生に欠かせないものの1つになっているそうです。